2009年10月21日

REFRAIN

マモの4thマキシ「REFRAIN」フラゲしてきました。
もうすっごい待ってたの。すごい聴きたくて聴きたくて、すごい楽しみにしてたの!ちゃんとCDで、マモの歌詞見ながら聴きたくてね。
歌詞って、書く本人の身を削って造りだすもんだと思ってるので、マモがどんなこと書いたんだろうって、思ってたの。

この歌詞……
会計終わってすぐ開けて歌詞見た時、一瞬「ん…?」と思ったんだ。
なぜにこんなに切ない歌を「今」?マモ、どうした?
いつも色々すごい考えて、思い悩んで、いろんなものを創り出しているから?
ねぇさんと色々と話した後に「ネタなのか?」とも思ったんだけど、帰りのバスの中で歌詞を再び読んでみたところ、ネタでは絶対にないと確信(あたりまえだろ)
そして、今ですね、ずっとリピートしてるんだけど、びっくりして涙出るほど切ない。「REFRAIN」という言葉そのものの歌みたい。いや、そうか。
マモの歌声は、バラードを歌わせたらピカイチに映えると思ってるんだけど、そう思ってるからかな、すごく切なく響いた。涙とまらんです。
そしたら余計気になる、この歌詞…!
聴き込もう、しばらく聴き込もう。私なりにね。

ああああああああそれにしても本当、いい時にリリースしてくれたなって思った。
私が辛い時に、マモの歌聴きたいなって強く思う時に、歌を出してくれる。「J☆S」の時もそうだった。気持ちがずっと落ち着かなくて辛い時に、マモが歌ってくれた「J☆S」は本当に気持ちを元気にしてくれたんだ。本当、この偶然に感謝します。
マモに「REFRAIN」の感想書いて、それで寝よう。
あ、ライブバックステージ当たりますようにwwwww
posted by 萩原陽菜 at 02:13 | Comment(0) | 好きな人を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。