2009年08月26日

ハレノヒ、涙そうそう

神谷浩史ファーストミニアルバム「ハレノヒ」、発売日は明日ですが、フラゲして聴き込んでいます。え、勿の論でしょ?

歌はどれも、色々な浩史らしさがあって、全部好きです。私にとっては、出来ることなら朝からずっと聴いていたいと思わせるアルバムになりました。ブックレットは、我慢出来ずにバスの中で開けて見たんですが(笑)、緊張がふっと緩んで涙出るかと思った…癒し効果が尋常じゃなかった。

そしてDVD…
なんかもう…泣きすぎて頭痛いよ…
「おまえ、バカなの?」って言われてもいい、でも浩史の歌に対する思いとどこまでも謙虚で真面目な姿に、私はすごい泣いた、胸いっぱいな気持ちになった…!!!
浩史、歌苦手でもちゃんと浩史の気持ち乗せて伝えてくれてる。
本当はずっと気になってた、なんであんなに歌苦手だって言ってた浩史が、「歌やってみよう」と決意したのか。
浩史の思い全部、ちゃんと全部、伝わったよ。妥協とか諦めとか、そういうの絶対にしたくないって、そういう真っ直ぐな思いが詰まってた、最高にいいアルバムだったよ。
こんなに胸いっぱいの気持ちで満たしてくれた。本当に本当にありがとう。やっぱり神谷浩史、大好きだ…!(;∇;)/
って伝えたいから手紙でも書こうと思います。

ちなみにどうでもいいかもしれないけれど(笑)、DVDのメイキングの料理シーンで浩史が持ってたクレイジーソルト、我が家でも愛用してます!あれ、めちゃ旨いよ( ̄∀ ̄)

posted by 萩原陽菜 at 03:02 | Comment(0) | 好きな人を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。